FC2ブログ
あなたの心に深い感動を呼ぶ歌を、時代を超えてご紹介します(Rowered by YouTube)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

勝手にしやがれ/沢田研二



勝手にしやがれ/沢田研二

ジュリー最盛期の曲です。この頃のジュリーはかっこよかったですね。(今でもかっこ良いですが・・)

残念ながらタイトル元の映画は今まで見たことありませんが、きっとかっこいいのでしょう。



勝手にしやがれ(かってにしやがれ)は、日本の歌手である沢田研二の19枚目のシングルである。

1977年5月21日にポリドール・レコードより発売された。

沢田研二としては4作目のオリコン1位を獲得し、「時の過ぎゆくままに」に次ぐセールスを記録した。

作詞は阿久悠、作曲は大野克夫
である。



「時の過ぎゆくままに」
のヒット以降、セールス的にはチャート上位を賑わせるまでに至らなかったが、

既に国民的アイドル歌手としての人気を保ち続けていた。

タイトル元は1959年に公開された映画の「勝手にしやがれ」から。

タイトルだけでなく、歌詞の内容もそれにちなんだ(映画の内容と関連はない)ものになっている。

発売されて2週間でオリコンのベスト10に初登場し、3週後には「時の過ぎゆくままに」以来

4作目の1位を獲得する。

1度は人気絶頂だったピンク・レディーの「渚のシンドバッド」に明け渡すが、再び1位に返り咲いた。

年末の賞レースでも数々の舞台で独占するなど、まさに沢田研二の代表曲となった。

第19回日本レコード大賞、第8回日本歌謡大賞、第10回日本有線大賞、

第11回全日本有線放送大賞では大賞を受賞。

第3回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭でゴールデングランプリ、第6回東京音楽祭国内大会でも

ゴールデンカナリー賞を受賞した。同賞の世界大会でも銀賞を受賞している。

テレビ番組で同曲を歌う際は、クリーム色のスリーピースで、歌いながら帽子を投げる

パフォーマンスを行った。

第28回NHK紅白歌合戦にも出場し、その際の衣装は黒いシルクハットと皮のパンツ、

剃刀のピアスに手錠というパンクファッションで登場。さらに、右手にステッキを持ちながら歌った。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 』

勝手にしやがれの歌詞はこちら

シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

groovymidori

Author:groovymidori
このブログは、管理人が厳選した珠玉のメロディーをお届けします。

古くは戦後から今に至るまで、思い出の曲をピックアップしていきます。

あなたが生まれる前の曲も多くあると思います。

世代を超えた名曲たちをお楽しみ下さい。



FC2ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


AddClips
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
SEO-Stats
powered by SEO-Stats.com
Yahooログール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。