あなたの心に深い感動を呼ぶ歌を、時代を超えてご紹介します(Rowered by YouTube)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

少年時代/井上陽水



少年時代/井上陽水

同名映画の主題歌で、映画によくマッチした清清しい曲です。誰しも少年(少女)時代には郷愁を感じるでしょうが

そのあたりがうまく表現されたいい映画だったと思います。

それにしても陽水は意味不明の新語をいっぱい作っていますね。まあ天才には許されるということで・・・



「少年時代」(しょうねんじだい)は、日本の男性シンガー・ソング・ライター、井上陽水のシングル。

井上陽水最大のヒット曲で、代表曲の一つに挙げられることがある。

ただ、発売当初はオリコンの週間シングルチャートでも最高20位程度で、爆発的にヒットするのは

発売から1年経った1991年のことである。

当時、ソニーのハンディカムCCD-TR101でCM曲に採用され、「きょうは、明日の思い出です」

というキャッチコピーと曲が絶妙にマッチしたことから視聴者に受け入れられ、最高4位まで上り詰めた。

曲中に「風あざみ」という言葉が出てくるが、これは陽水による造語で、

植物のアザミが直接関係がある訳でもない。

風あざみという品種も存在しない。ちなみにアザミは春の季語でもある。

むしろ言葉の響きを重んじたものだと思われる(陽水の作品にはそのようなものが散見される)。

2番の歌詞で同じ箇所に出てくる「宵かがり」も同様に陽水による造語である。


*映画少年時代について

『少年時代』
(しょうねんじだい)は、1978年(昭和53年)から1979年(昭和54年)まで

『週刊少年マガジン』に連載された藤子不二雄Aの漫画および1990年に公開された映画。

作家柏原兵三の小説『長い道』を漫画化した作品である。

『少年マガジン』連載当初は、読者からの反響がまったく無く、作者(藤子A)自身戸惑っていた。

しかし連載終了後、読者からの手紙が殺到したという逸話がある。

1990年、東宝系にて篠田正浩監督で映画化され、日本アカデミー賞を受賞する。また井上陽水の大ヒット曲「少年時代」はこの映画の主題歌である。

原作者である藤子不二雄Aが、友人である井上陽水に曲を依頼した、という。

出演者はプロの役者だけでなく、現地の人々も採用している。

太平洋戦争末期、主人公の風間進一は東京から富山へ疎開する。

そこで進一はタケシという少年と友達になるが、学校では権力の強いタケシは進一を冷たくあしらう。

やがてタケシと級友達との権力争いが始まると、進一はその争いに徐々に巻き込まれて行く。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

少年時代の歌詞はこちら


シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

groovymidori

Author:groovymidori
このブログは、管理人が厳選した珠玉のメロディーをお届けします。

古くは戦後から今に至るまで、思い出の曲をピックアップしていきます。

あなたが生まれる前の曲も多くあると思います。

世代を超えた名曲たちをお楽しみ下さい。



FC2ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


AddClips
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
SEO-Stats
powered by SEO-Stats.com
Yahooログール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。