心を打つ珠玉のメロディー

あなたの心に深い感動を呼ぶ歌を、時代を超えてご紹介します(Rowered by YouTube)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

グランパ/高橋真梨子



グランパ/高橋真梨子


管理人もグランパなので、この歌のような渋いグランパになりたいと思いますが

なかなかどうして難しいものです。頭の中身はグランパどころかキッズそのものですので(汗)

バーボンストレート2杯だけはいけてますが・・・(代わるもの無いですね)

蛇足ですがバーボンワイルドターキー北方謙三さんも推奨。

 【バーボン】ワイルドターキー 8年 1000ml 正規品

橋 真梨子(たかはし まりこ、1949年3月6日 - )は広島県廿日市町(現・廿日市市)生まれ、

福岡県福岡市育ちの歌手。本名は広瀬まり子。

 高橋真梨子

血液型はA型でうお座。駒沢学園女子高等学校卒業。夫はミュージシャンのヘンリー広瀬。

スポーツ観戦を趣味とする。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。

代表曲には「桃色吐息」「はがゆい唇」「ごめんね…」などがある。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 』

グランパの歌詞はこちら


シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

スポンサーサイト

五番街のマリーへ/橋真梨子



五番街のマリーへ/橋真梨子


『五番街のマリーへ』(ごばんがい―)は、1973年10月にリリースされた日本のバンド・ペドロ&カプリシャスの5番目のシングルである。

ペドロ&カプリシャスの代表曲のひとつである。

作詞は阿久悠、作曲は都倉俊一による。

ボーカルは、二代目ボーカルである高橋まり(現:高橋真梨子)である。

後年、高橋真梨子自身によってもカヴァーされている。

五番街のマリーへの歌詞はこちら




橋真梨子略歴

父・月夫は国鉄広島鉄道局、母・千鶴子も広島市で銀行勤務時の1945年被爆。父は入市被爆が原因でのち37歳の若さで亡くなった。

戦後、国鉄を辞めプロのジャズプレイヤーを目指した父が、当時米軍基地が多くジャズのメッカだった博多に転居。

まもなく母と共に真梨子も博多に転居した。父の影響を受けて自らもジャズの勉強を始める。

父は甲斐よしひろの父が率いていたラテンバンドにも在籍したことがある。駒沢学園女子高等学校への転入に伴い上京。

本格的なレッスンを受けたあと1966年にスクール・メイツとしてデビュー。高校卒業後は一時的に博多に戻り、ライブハウスでの活動を始める。

1972年にペドロ&カプリシャスに2代目ボーカルとして参加。

翌年に大ヒットした「ジョニィへの伝言」で1974年の第25回NHK紅白歌合戦に出場する。

1978年にペドロ&カプリシャスを脱退。「あなたの空を翔びたい」でソロデビュー。

以後、「桃色吐息」「はがゆい唇」等の楽曲を立て続けにヒットさせ、実力派ヴォーカリストとしての地位を確立する。

また1993年8月5日にはペドロ&カプリシャス時代のメンバーであったヘンリー広瀬と結婚。

テレビ出演は極めて稀であり、NHK紅白歌合戦の出演依頼を受けた際、「大晦日にスケジュールを拘束されたくない」という理由で辞退したことがある

(ソロでは、「桃色吐息」がヒットした1984年に一度出場)。年に1度のペースでアルバムを発表し、それに伴うコンサートツアーを行っている。

コンサートの回数は50を軽く越え、1年の殆どを歌と共に過ごしている。

また、火曜サスペンス劇場の主題歌として同番組のターゲットである主婦層から絶大な支持を受け、自身では最大のヒット、

番組の主題歌としては岩崎宏美の聖母たちのララバイに次ぐ売上を記録し、さらにはカラオケチャートでも40-50代女性の中で1位となった

「ごめんね…」や、長年清酒白鶴のCMソングに起用されたり、本人も白鶴のCMにも出演。

さらには中高年向け高級化粧品グレイスソフィーナのイメージキャラクターに同年代の候補の女優を抑えて選出されるなど、

中高年の人気(特に同年代の女性)が高い。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

プロフィール

groovymidori

Author:groovymidori
このブログは、管理人が厳選した珠玉のメロディーをお届けします。

古くは戦後から今に至るまで、思い出の曲をピックアップしていきます。

あなたが生まれる前の曲も多くあると思います。

世代を超えた名曲たちをお楽しみ下さい。



FC2ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


AddClips
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
SEO-Stats
powered by SEO-Stats.com
Yahooログール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。