心を打つ珠玉のメロディー

あなたの心に深い感動を呼ぶ歌を、時代を超えてご紹介します(Rowered by YouTube)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

恋のフーガ/ザ・ピーナッツ



恋のフーガ/ザ・ピーナッツ

ティンパニーの音がインパクトのある曲です。スケールが大きいですね。

ちなみにこの映像ではいわゆる3人娘+梓 みちよさんがティンパニーを叩いています。



『恋のフーガ』(こいのフーガ)は、1967年に発売されたザ・ピーナッツの楽曲。

2003年8月に小柳ゆき、2005年2月にはW(ダブルユー)がカバーした。

 決定版 ザ・ピーナッツ

この曲の特徴とヒットの決め手は、重厚な演奏による痛快な宮川泰流アレンジである。

宮川泰は当初、フーガのイメージを出すアレンジを試みたが行き詰ってしまい、吹っ切って

「少し怖い感じ」にアレンジ。イントロダクションの演奏にティンパニを使用したことによる切れのいい音と、

これにピーナッツの伸びのあるダイナミックな歌唱が加わった結果、恋に破れた悲しい歌詞の情景を

ズタズタに「破壊」してしまうまでに至った。

作曲したすぎやまこういちもこの功績を認め、すぎやまは作曲で得た印税の一部を宮川に分けた。

通常、日本で編曲のみ手がけた場合は、契約で一定の報酬額しかもらえないため、

このような事例は異例である。

なお、作詞のなかにし礼はこの年、この作品の功績で日本レコード大賞作詞賞を受賞する。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 』

恋のフーガの歌詞はこちら

シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

スポンサーサイト

恋のバカンス/ザ・ピーナッツ



恋のバカンス/ザ・ピーナッツ

ザ・ピーナッツ全盛期の曲です。この曲はいろんな歌手がカバーしてますね。

これも管理人が小学生のときシャボン玉ホリデーでよく聞きました。

今思えばシャボン玉ホリデーって超豪華なメンバーが出演していましたが

植木等さんの「お呼びでない…これまた失礼致しました」は未だに良く覚えています。



シャボン玉ホリデーについてはこちらをご参照ください。


 That's WATANABE ヒットソング・コレクション「ザ・ヒットパレード&シャボン玉ホリデー」 CD

恋のバカンス(こい-)は、1963年4月に発表されたザ・ピーナッツ歌唱の日本の歌謡曲である。

前年の「ふりむかないで」に続くザ・ピーナッツのオリジナルソングによるヒット曲。

 決定版 ザ・ピーナッツ

ジャズの4ビートを生かした、歌謡曲としてはかつて無かった程のスウィング感に満ち溢れた楽曲で、

シングル発売直後より話題となり、同年に発表された舟木一夫の「高校三年生」

梓みちよの「こんにちは赤ちゃん」坂本九の「見上げてごらん夜の星を」等と並ぶ大ヒット曲となった。

 坂本九 メモリアル・ベスト

本曲のヒットにより「休暇」を意味する「バカンス(vacances)」というフランス語が日本で流行語になった

と云われる。宮川泰が1963年第5回日本レコード大賞編曲賞を受賞し、

同年の第14回NHK紅白歌合戦でもザ・ピーナッツが歌唱した。

ザ・ピーナッツの曲の中では定番曲の一つとして、現在でも茶の間での知名度も大きく、

各世代間で親しまれている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia) 』

恋のバカンスの歌詞はこちら


シンプルに始める新生活!週末は送料無料も

不景気な今こそ節約生活を始めるチャンス♪節約アイテム特集!

プロフィール

groovymidori

Author:groovymidori
このブログは、管理人が厳選した珠玉のメロディーをお届けします。

古くは戦後から今に至るまで、思い出の曲をピックアップしていきます。

あなたが生まれる前の曲も多くあると思います。

世代を超えた名曲たちをお楽しみ下さい。



FC2ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ 思い出の曲へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


AddClips
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
SEO-Stats
powered by SEO-Stats.com
Yahooログール


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。